しあわせの宝石箱キラキラ 静岡トヨペット

しあわせの宝石箱キラキラ 静岡トヨペット
静岡トヨペット 夢のアルバム

妻と出会って20年。当時からの夢だった伊豆旅行へ。
久しぶりのデート気分を味わう。

夢を叶えたクルマ

アルファード

アルファード

憧れの伊豆を家族で一周する

牧之原市 T.K 様

TAG LIST
  • アルファード
  • 家族と
  • 観光
  • 静岡県内
  • 宿泊
この記事をシェアする

どんな夢を実現しましたか?

妻と出会った頃からの長年の夢であった伊豆の旅行に行ってきました。当初は2泊でゆったりと伊豆を一周する予定でしたが、子供たちが中学生になり、部活の予定の関係で急遽、1泊に変更。金曜日、みんなの帰宅を待って下田のホテルへ出発し宿泊。
翌日、伊豆三津シーパラダイスや三島大社を参拝して来ました。当初の計画の通りとは程遠い旅行になりましたが、駿河湾の新鮮な海の幸や本わさびを食べ、下田や天城、沼津、三島を家族で旅行することができました。
三島大社参拝

三島大社参拝

映え~!

映え~!

夢実現の行程を教えてください

1日目
18:30 自宅出発
20:00 富士川SAで休憩、夕食
22:00 下田プリンスホテル到着 その後、温泉入浴して宿泊

2日目
ホテルにて温泉入浴、朝食ビュッフェ
10:00 ホテル出発
10:30 道の駅天城越えで休憩 本わさびソフト食べる
11:00 伊豆三津シーパラダイス到着
12:00 三島大社参拝 付近のお寿司屋さんで昼食
15:00 帰宅
伊豆へ向かう車中にて

伊豆へ向かう車中にて

富士川SAでひとまず夕食

富士川SAでひとまず夕食

この夢を叶えたかった理由を教えてください

妻と出会った頃から伊豆の旅行に憧れていました。名古屋から移り住んで12年ですが、子育てや夫婦の仕事等でなかなか実現できませんでした。気付けば、妻と出会ってから20年。子供たちも中学生。
なんとか実現させたいと思いました。
翌朝、ホテル室内から見た相模湾。あいにくの雨

翌朝、ホテル室内から見た相模湾。あいにくの雨

朝食ビュッフェ中。寝起きは写さないで

朝食ビュッフェ中。寝起きは写さないで

今回の夢実現で、一番の思い出を教えてください

久しぶりに妻とデート気分を味わえた。
いつもはスマホとにらめっこの子供たちも童心に戻ってくれた。
アルファードの大きな車中でわいわいできた。
急遽、強行スケジュールに変更となったが、車内はゆったりとした乗り心地で良かった。
ホテル出発前。愛車(笑)と記念撮影

ホテル出発前。愛車(笑)と記念撮影

伊豆三津シーパラダイスにて おいしそう

伊豆三津シーパラダイスにて おいしそう

お乗りいただいたクルマについてお聞かせください

REVIEW
アルファード

アルファード

5段階評価

運転のしやすさ
5
乗り降りのしやすさ
5
荷室の広さ
4
居住性
5
内 装
5
スタイリング
5
燃費・環境性能
4

このクルマを希望した理由

普段は2代目エスティマに乗っており、最近のLサイズミニバンの乗り心地や機能性、サイズ感を確かめたかった。

このクルマが叶えてくれたこと

妻との長年の夢だった伊豆の旅行に行けました。当初は2泊で1周の予定が1泊となり、また2日共あいにくの雨でしたが、今年は諦めていた家族旅行を実現させられました。妻と久しぶりにデート気分を味わえたことや、中学生の娘たちと旅行へ出かけられ、童心に戻ったような笑顔が見られたことはとても感慨深いです。いつもは娘たちの車酔いを気にするのですが、今回は気にすることがありませんでした。これらはすべてアルファードが叶えてくれました。

このクルマのおすすめポイント

トヨタ車特有の船に乗ったような乗り心地がなく、足回りがしっかりされているにもかかわらず、道路の継ぎ目や小石を踏んでもストレスを感じなかった。高速走行中、ハンドルを取られることがなかった。山道走行でもキビキビと道路に吸着するかのように走ってくれる。全車追随機能や渋滞中のブレーキホールド機能、レーンキープアシスト等、走行安定性に富んでいる。2列目のみならず、助手席にもフットレストがある。大きな車だが、女性でも扱いやすい。ナノイー機能があり、快適な車中で女性や小さな子供も喜ぶ。背もたれ調整やフットレストが電動で微調整できる。3列目が広い。

このクルマへのご要望

唯一、カバンの置き場に困りました。普段は、運転席横からウォークスルーがあるのでそこへ夫婦のカバンを置いておけるのですが、今回のアルファードはそれがありませんでした。なので、助手席の足元や2列目の足元に置いていました。ファミリーカーなので、女性も運転されると思われます。なので、カバンを掛けられる所があると喜ばれると思われます。例えば、運転席シートの左肩付近や助手席シートの右肩付近にフックを設けても良いと思われます。

普段車酔いする子供たちも、これなら安心して乗れました

普段車酔いする子供たちも、これなら安心して乗れました